ドングリライダー 's blog

収入が少なくても子供3人と夫と愉快な人生を歩みたい。試行錯誤の毎日の中、どうしよう!?と、よく困ります。

廃材遊び。段ボールに入るだけでも立派な車。

f:id:stgstg0852:20180817023346j:plain

夏休みは廃材遊びがおすすめ

連日、災害レベルの暑さです。熱中症の予防のために、外遊びは20分以上連続で遊ばないようにしたほがいいようです。(20分たったら系候補膵液などで水分補給、涼む)

エアコンのきいたおうちで出来る廃材遊びは、熱中症の心配が少ないです。
それに、子供は自分がつくったものをおもちゃにして遊ぶのが好きなようです。

既成品のおもちゃはすぐ飽きる

私は子供におもちゃも買いますが、おもちゃをもらったときはとても喜びますが、飽きるのも早いですね。
ずっと同じおもちゃで遊ぶ子の話も聞くので、それなら買ったかいもありそうですが、ウチは全然です。あんなに「あのおもちゃが欲しいっ」と言っていたのに…。

おもちゃは高い!

飽きてるのを見たら「せっかく買ったのに」「高かったのに」と、ついつい思ってしまいます。
普段は「遊んでばかりいないで、お手伝いしなさい」とか言うのに、
「わぁー。これおもしろーい。こんなことも出来るんか!」
などなど大きめの独り言を発して、子供を高かったおもちゃに誘導したりしてしまいます。

廃材遊びは安い!

その点、廃材(段ボールとか紙、トイレットペーパーの芯、ジュースのボトルやキャップ、お菓子の箱、ストローなど)は、元手が0円なので、1日で飽きていても全然気になりません。

段ボールをハサミで切るのは難しいので、最近は『段ボールカッター』が欲しいです。幼稚園で使っているようで、息子曰く、「これがあったら力なくても、段ボール切りやすい」そうです。

でも、まぁ適当な大きさの段ボール箱に入って、ペンでスイッチとかハンドルとか描くだけでも2、3時間遊べます。それを見ていると、子どもは想像の世界に生きてるんだなぁと感じます。

夏休みの遊びには家でできる簡単クッキングもおすすめです。
料理のアイディアは絵本のストーリーから。
↓過去記事
atafuta.hatenablog.com